Monday, May 21, 2007

長岡からのメール:メールありがとう

カルヴィンさん:

メールありがとう。とてもうれしかった。

私は今広島大学大学院の研究生です。
研究をしながら アルバイトとして広島大学の留学生の家族の人に日本語を教えています。
私は将来大学の先生になりたいと思っています。
だから、日本語を教える経験と同時に、研究もして、これから日本語を学習する人や、日本語を教えている先生たちに役に立つ発見をしたいと思っています。

カルヴィンさんも、高専でよく勉強して、将来マレーシアや世界の人々に役に立つ仕事をしたり、研究をしたりできる 人になってください。
カルヴィンさんならきっとそのような人になるだろうと思って、期待しています。

高専の授業で一番面白いものは何ですか。
好きな先生がいますか。
授業が面白いとか、先生に憧れるということはとても大切なことだと思います。

私は今言語学や日本語学の専門の先生の講義を聞いていますが、とても楽しいです。
好きな勉強ができるということはとても幸せですね。
マレーシアにいた1年間は、私にとってとても貴重な経験でした。
もちろん1年だけで十分だと思っているのではありません。
できれば、またマレーシアに戻りたいと思います。
特に、PPKTJで日本語を教えていたとき、日本で日本語を教えているのとは違う難しさを感じました。
この言葉とこの言葉はどう違うんですかとか、この文型とこの文型はどう違うんですかという質問をカルヴィンさんはよくしますね。
でも、実は日本語学の研究者でも、答えられないことがたくさんあります。
日本語の文法は、まだ研究が十分ではないところがあるので、日本語を勉強する
人たちの質問に十分に答えられないのです。
それに、毎日日本語を教えている先生たちはとても忙しいので、研究する暇がないのです。
だから、私は今PPKTJの仕事を少し休んで、大学で研究しています。

カルヴィンさんが間違っていたら、教えてくださいと言っていたので、いくつか間違いを示します。

>例えば、新宿や秋葉原に実際に行きました。
>あそこで、数え切れないほど人々がいっぱいいました。

この場合、「あそこ」ではなくて、「そこ」を使います。

それは、 自分が前の文で書いた場所を指す場合、「そこ」を使うというルールがあるからです。
でも、どうして「あそこ」を使ってしまったのか、興味があります。
新宿はカルヴィンさんの今いるところから遠いからでしょうか。
遠いところは「あそこ」を使うというルールがカルヴィンさんの頭の中にあるとしたら、面白いですね。

>最初の何か日の授業を受けた時、先生の話が聞き取れにくく、よく理解できませんでした。

「聞き取れにくく」ではなくて、「聞き取りにくく」です。
「~にくい」が「難しい、困難だ」という意味になるときは、「聞き取る」という意志動詞を使わなければなりません。
「聞き取れる」という可能動詞は意志動詞ではありません。

このように、日本語を勉強している人が間違えるところは、日本語の先生が上手に教えていないところや、日本語のシステム自体が難しいところです。
だから、私は面白いと思いますし、研究したいと思っています。

時間があったら、ぜひまたメールをください。
また、「日本語の文法」の話もしましょう。

では、元気でがんばってください。

小竹 直子
naokok75@yahoo.co.jp

I got this reply from my former sensei, Kotake Sensei, also from PPKTJ. But, she had stopped teaching at PPKTJ. At the moment, she's doing her graduate studies on Japanese language at Hiroshima University.
As usual, she's still the same Kotake Sensei we all know. For much part of the mail, she's been talking about her research on Japanese language and in the end of the mail, she still managed to correct my grammar in the mail I sent to her previously. Maybe that's her nature of having a REAL interest and enthusiasm on her mother tongue.
P/S: I know for the last couple of posts, it has been entry in Japanese and there'll be the ones who don't understand them. I'll try changing them into the normal entries (in English) in the next entry. I hope I will :)

No comments: